体を温める食べもの・体を冷やす食べもの

サイトマップ

トップ / 体を温める食べもの・体を冷やす食べもの

体を温める食べもの・体を冷やす食べもの

   酸 温 酸味に分類され体を温める 酢・梅肉・りんご・すもも・あんず 
 酸 平 酸味に分類され温めも冷やしもしない 梅・かりん・ヨーグルト 
 酸 寒 酸味に分類され体を冷やす ゆず・だいだい・すだち・豚肉 
   苦 温
苦味に分類され体を温めるもの よもぎ・ふき・たらの芽 
 苦 平 苦味に分類され温めも冷やしもしない うど・菊花・ぎんなん・春菊 
 苦 寒 苦味に分類され体を冷やす お茶・コーヒー・ビール・たけのこ
ごぼう・苦瓜 
   甘 温 甘味に分類され体を温める うどん・鰻・まぐろ・鯛・牡蠣・えび
羊肉・牛肉・鶏肉・かぼちゃ・やまいも 
 甘 平 甘味に分類され温めも冷やしもしない ごま・大豆・米・鶏卵・赤小豆・ハチミツ
ぶどう 
 甘 寒 甘味に分類され体を冷やす  砂糖・なす・きゅうり・キャベツ・トマト
レタス・柿・桃・みかん・スイカ・梨
 
   辛 温 辛味に分類され体を温める 紫蘇・にら・わさび・大根・胡椒・山椒
ラッキョウ・生姜・ニンニク・とうがらし
日本酒・ウィスキー・ワイン 
 辛 平 辛味に分類され温めも冷やしもしない さといも・ねぎ 
 辛 寒 辛味に分類され体を冷やす  ずいき 
   歯成 温 塩辛味に分類され体を温める めざし・干物・つくだに・大麦・栗・いわし
さば・納豆・みそ 
 歯成 平 塩辛味に分類され温めも冷やしもしない しじみ・ひじき・わかめ・しょうゆ 
 歯成 寒 塩辛味に分類され体を冷やす  食塩・かに・あさり・こんぶ・はまぐり・もずく 

わたしたちが口から摂る食べ物は、酸っぱい味のもの(酸 サン)・苦い味のもの(苦 ク)・甘い味のもの(甘 カン)・辛い味のもの(辛 シン)・塩辛い味のもの(歯成 カン)の五つの味に分類されます。

そして、その味の一つ一つに温(体を温める働きのあるもの)・寒(体を冷やす働きのあるもの)・平(温めも冷やしもしないもの)があります。

東洋医学では、この体を温めたり冷やしたりする作用を病状に合わせて組み合わせて食べるという考え方があり、この考え方は薬膳にもつながっています。例えば、熱性の疾患のときなどは体を冷やすものが必要になります。大人ニキビや赤ら顔などでお悩みの方の場合には、お腹を温めることが大切になりますので、酸味、甘味、辛味、歯成の中の(温)の部分を良くとるように心がけると良いですが、一つだけ例外の部分が苦味です。苦味は、苦い味そのものに体を冷やす効果があります。この苦味の部分だけは逆の見方をして、苦寒のものはなるべく控えるようにすると良いです。苦味そのものが冷やす働きがあるのに、その中でも更に冷やしてしまう(寒)のものはなるべく避けるようにしましょう。

季節に合わせて食べ方の組み合わせを変えることも必要です

季節によっても摂ったほうが良いものは変わります。例えば、暑い夏には多少冷やす必要が出てくることもありますので、その時には寒の食べ物を摂る必要があります。そして寒い冬には特に体を温めるものを摂るなど、四季にあわせて摂ることも大切になります。昔はその季節の旬のものを食べていれば、大体季節に合った食べ物を摂ることが出来ていたのですが、今はハウス栽培のものが出回っていますので、いつが旬のものかの認識があいまいになってしまっています。特に寒い冬に体を冷やす寒の食べものは避けたほうが良いです。自分の体の状態を良く知り、それにあわせた味を季節を考慮して摂る必要があるのです。

まちだ美顔
ブログサイト

まちだ美顔ブログサイト

大人ニキビを原因から根本解消するまちだ美顔blog

 

アクセスマップ

皮膚科とニキビ