肌荒れを治す食事のとり方

サイトマップ

トップ / 食養生 / 肌荒れを治す食事のとり方

肌荒れを治す食養生で大人ニキビを改善

大人ニキビでお困りの方は食生活ではどんな点に気をつけていますか?ビタミンやミネラルを充分に取る?甘い物や油物を控える?それらの事も大切ですが、それだけではなく、肌の働きを高める食べ方に気をつけて、頑固な大人ニキビを改善する方法をご紹介します。

食養生とは?

人間は、口から取る食事で必要な栄養を補給しながら生きています。しっかりとした食事を取らなければ健康な肌も生まれてきません。それでは、肌にとっての食事のバランスとは、どんなことに気をつければ良いのでしょう?皆さんもよくご存知のことと思いますが、たとえばニキビ肌の場合には、甘い物や脂っこいものは控えるのは常識です。そして、鉄分やカルシウム、ビタミンB群やビタミンC、ビタミンEなどのビタミンやミネラル、たんぱく質などの栄養をバランス良く摂取する必要があります。でも、それに咥えてもうひとつ、肌の働きを高める食事のとり方を考える事が必要です。

私たちが毎日摂る食べ物は、酸味・苦味・甘味・辛味・鹹味(しおからみ)の5つの味に分類され、その味一つ一つには体お薬になる働きがあります。たとえば酸味は血液をサラサラに、苦味は炎症をおさえ、甘味(うまみ)は栄養に、辛味は便秘や皮膚の発散に、鹹味(しおからみ)には小便の出を良くする働きがあります。

食養生 五味調和

この図は、東洋医学の五味調和という表です。これは、私たちが普段口にする食べ物は5つの味に分類され、その味一つ一つが体に影響を与えるということをまとめたものです。アダルトニキビや肌荒れなどの肌トラブルの場合、特に摂らなければならないのは、④辛味(からみ)の部分です。ここを見てみると、皮毛とありますが、これが現代でいう皮膚にあたり、辛味のものは皮膚のくすりになる食べ物という意味です。しかし、特にニキビの方は刺激物は摂ってはいけないとよく言われますが、それは辛味の部分だけ摂ることによって、全体のバランスが崩れ、せっかく肌に良い物も刺激物になってしまうのです。刺激物ではなく、“薬味”として摂るには、矢印→の酸味を一緒に摂れば良いのです。そうして摂れば、辛味は便秘をふせぎ、皮膚の血液循環と発散が良くなり、皮膚の代謝も活発になってきますので、アダルトニキビやニキビ跡、肌荒れにも良い食べ物になります。これが東洋医学で言われる“医食同源”(食事の摂り方と薬の用い方の原則は同じである)ということです。※食養生を行なう際には、美肌ネットでの指導をお受けの上、実行するようにして下さい。

食養生は体内で肌の働きを高める手助けをします

肌は新陳代謝で毎日入れ替わっています。良いスキンケアをするだけで新しい健康な肌が生まれるわけではなく、しっかりした栄養素と一緒に食養生を取り入れ、それらが正常に吸収されて初めて新しく健康な皮膚が代謝で生まれてきます。正しい食生活で体の中からも肌コンディションを整えることが美肌つくりにはとても重要なことです。

アクセスマップ

皮膚科とニキビ