ニキビの赤み、ニキビ跡の赤みを消す方法

サイトマップ

トップ / ニキビの赤み、ニキビ跡の赤みを消す方法

ニキビの赤み、ニキビ跡の赤み

ニキビの赤みやニキビ跡の赤み

ニキビには、細かいブツブツが出来る白ニキビや開口した毛穴から頭をのぞかせた皮脂の塊が空気に触れて酸化して黒くなる黒ニキビ、また、コメドによって閉塞した毛穴の中でニキビ菌が増殖するためにおきる炎症ニキビ、炎症ニキビが進んでニキビの毛穴の部分が白や黄色くなってくる化膿ニキビがあります。このうち、赤みが気になるニキビが炎症、化膿ニキビです。また、炎症や化膿は治まったのに、その後いつまでもニキビが出来ていた部分が赤く目立つ赤い跡でお悩みの方も多いです。

左の写真は、ニキビの赤みと赤いニキビ跡が混在している例です。

炎症ニキビや化膿ニキビに加え、以前ニキビが出来ていて、今は治っている部分も赤いニキビ跡として残ってしまっているために、赤みの多さから、実際のニキビの数よりもたくさんのニキビが出来ているように見えてしまいます。

ニキビの赤みはなぜおきるのか?

ニキビの赤みはなぜおきるのでしょうか?炎症、化膿ニキビの場合には閉塞した毛穴の中でアクネ菌が増殖します。アクネ菌は人体にとっては異物ですから、毛穴の中で菌が繁殖を始めるとその部分に血液が集まり、血液中の白血球の中の好中球やサイトカインが放出され菌を攻撃します。この反応が炎症で、炎症の赤みが気になるようになります。そして炎症が進み、コメドで閉塞された毛穴の中にアクネ菌を攻撃した好中球の残骸が増えてくると化膿ニキビになり、これも赤みが気になるタイプのニキビです。

ニキビ跡の赤みはなぜおきるのか?

ニキビの赤みやニキビ跡の赤み

では、ニキビ跡の赤みはなぜおきるのでしょうか?炎症をおこすと、好中球やサイトカインが菌を攻撃する際に、その部分の組織も破壊してしまいます。そのため、炎症が治まった後でもニキビが出来ていた部分は傷跡のような状態になります。人間の体は傷を修復するときには、肉芽(にくが)という結合組織がさかんに増殖して傷口を塞ごうとします。そのため、傷口が塞がった後も、肉芽の部分が代謝で通常の皮膚組織に入れ替わるまでの間は、通常の肌とは違う結合組織になっています。この結合組織の部分がニキビ跡の赤みとして目立ちやすくなります。この部分は跡ですから、腫れている時とは違って肌も平らなのに、赤い色だけ目立ってしまいます。肌を手で触ると肌が平らで、それ程ニキビが出来ているように感じないのに、鏡を見ると顔全体が赤みでポツポツ目立つような肌は、ニキビ跡の赤みである場合が多いです。

ニキビの赤み、ニキビ跡の赤みの正体

炎症、化膿ニキビが出来ているときは、ある程度の赤みは仕方がないことなのですが、良く見ると炎症部分以外の肌も赤みが出ていたり、特にニキビ跡の部分の赤みが気になる人は、赤みが出やすい肌や体の状態になってしまっています。その正体は、体の中の余分な熱です。何らかの原因によって肌の働きが低下していることで、体の中に熱のこもりをおこしやすくなっていて、特に上半身に熱のこもりをおこしているためにニキビの赤みや跡の赤みが目立ちやすくなっているのです。ニキビの赤みの正体は肌ではなく体の中に潜んでいるのです。

熱のこもりによるニキビの赤み、ニキビ跡の赤みの特徴

熱のこもりによってニキビの赤みをおこしている肌には、ひとつの特徴があります。朝、起床時に鏡を見ると、赤みがそれ程気にならないのです。人間の体は、目覚める前が最も体温が低い時間帯です。寝ている間は、体の熱を産生する筋肉や肝臓、脳の働きが低下しているためにあまり熱が産生されないので、起床時には熱のこもりが少ないのです。そのため、起きてすぐに鏡を見ると赤みが気にならないのです。しかし、活動を始めて筋肉や脳、肝臓が活発に働き始めるとたくさんの熱が産生され、その熱を肌の働きの低下によって体外に発散できないため、体の中に熱がこもって赤みが目立ち始めるのです。

ニキビの赤み、ニキビ跡の赤みを消す方法

ニキビの赤みや跡の赤みを治すには、肌の働きを高めることが重要です。肌の働きを高め、体の中の熱を発散しやすい状態をつくることで、熱のこもりによる赤みをおこさなくなります。同時に、熱がこもりやすい体の状態を整えることも大切です。熱がこもりやすくなっている体の中の原因を特定し、それを整えることで熱もこもりにくくなり、赤みを繰り返さないようになります。ニキビの赤みでお困りの人は、肌や体の原因を見つける美肌ネットニキビの赤み解消Web相談をお受けください。

ニキビの赤み解消無料WEB相談

まちだ美顔
ブログサイト

まちだ美顔ブログサイト

大人ニキビを原因から根本解消するまちだ美顔blog

 

アクセスマップ

皮膚科とニキビ