赤ニキビと赤いニキビ跡の解消例

赤ニキビと赤いニキビ跡の解消例

赤ニキビと赤いニキビ跡の解消例

相談例第六話は、顔全体にできるしこりニキビと赤いニキビ跡の解消例です。

体の状態、肌の状態を詳しくお伺いすると、この方も上半身の熱のこもりが相当強くなっています。

熱のこもりが強くなると赤ら顔をおこしやすいのですが、それだけではなく熱のこもりが強くなるほどしこりタイプのニキビが出来るようになります。

この方の場合、顔全体にしこりニキビが出来てくるためにご本人はニキビだけが気になっているご様子でしたが、良く見てみるとニキビの炎症だけではなくその他の部分も赤みが目立ちます。

初めてニキビが出来たのが中学生の時。

それ以来、皮膚科の飲み薬や塗り薬、TVや雑誌で評判のニキビスキンケアなど色々試したそうですが、何をやってもニキビが治らなかったそうです。

体の状態が肌の働きを低下させていることを詳しくご説明すると、「今まで肌のことはすごく気をかけていたけど、体の中のことは考えたことがなかった。」とおっしゃっていました。

大人ニキビを原因から解消する美肌ネット無料Web相談

赤ニキビと赤いニキビ跡の原因

肌の働きが低下して熱がこもってくると赤ニキビだけ出なく赤いニキビ跡も残りやすくなります

この方のニキビの原因は、多くの大人ニキビでお悩みの方がそうであるように体内のバランスの崩れによって肌の働きが低下していることです。

なぜ肌の働きが低下してしまうかというと、体の表面=肌の周囲の血液循環が良くないためです。

人間の体は、血液が充分に循環していない部分は働きが低下してしまいます。

体内のバランスが崩れているためにその部分に血液を循環させなければならない状態になっていて、その影響で肌周囲に血液が不足して、肌の働きが低下します。

肌にはいくつかの働きがありますが、大人ニキビと関連が深い働きが体温調節の働きです。

体温調節の働きが低下すると体の中の余分な熱を外に逃がせなくなり、体の中に熱のこもりをおこしてしまうのです。

体の深い部分には熱のこもりがあるのですが、体の表面=肌周囲には血液が不足して「冷え」をおこしている。

肌周囲の血流が低下することで肌の雑菌の繁殖を抑制する免疫力も低下します。

そして肌周囲よりも深い部分には熱のこもりをおこしていて温かい。

このような肌状態がニキビ菌の「温床」となり、ニキビ菌が繁殖しやすくなって炎症ニキビや化膿ニキビが出来やすくなるのです。

また、熱のこもりが強いことがしこりニキビの原因にもなりますが、それと同時に赤いニキビ跡もおこしやすくなります。

しこりニキビを治す段階で体の熱が抜けてくれば、赤いニキビ跡も消えてきます。

養生食品で体内を整え、肌をスキンケアで整えます

熱が抜けてきたので膨らんだニキビは無くなりましたがまだ赤い跡は目立つ状態です

顔全体のしこりニキビ大人ニキビの原因が特定できれば、あとは手当てをして治すだけです。

まちだ美顔では、ニキビの原因、体の状態を整えるために養生食品(ようじょうしょくひん)というものを飲んでいただきます。

食品という名前で呼んでいますが、朝食や夕食の変わりになるものではなく、大人ニキビが出来る原因になっている部分を治していく働きの溶いて飲むお茶や粉末、錠剤のものです。

この方の場合には、最大の原因が「水滞(すいたい)」といって、体の中に余分な水分を抱えている状態、それに加えて「お血(おけつ)」という血液循環の問題も抱えていました。

体内の問題になっている部分を整える養生食品を選び、それを飲むことで体の状態を整えていきます。

体内の原因を整えるのと同時に肌を正常に整えるスキンケアも欠かせません。

せっかく体の中の原因を取り除いていっても、肌が正常に働いていなければなかなか肌はきれいになってきません。

この方の場合、いわゆる「ニキビ用スキンケア」で肌がダメージを受けていましたので、肌ダメージを整えるケアからスタートしました。

その結果、写真のように割合早い段階から炎症が治まりはじめ、ニキビが枯れてきてニキビのしこりや膨らみが減り、肌が平らな状態に戻ってきました。

体の中の原因と取り除きながら肌の働きを高める手当てで肌が体の中から変わり始めたためにおこりはじめた肌の変化です。

しこりニキビや炎症ニキビが減って肌が平らになり始めたのは、熱のこもりが抜けてきたためです。

手当て初期の写真と比べると、お顔全体の赤みもなくなってきているのが分かると思います。

しかし、この段階ではまだ熱のこもりが完全に抜けているわけではないので、ニキビ跡の肌が傷跡状の部分は熱のこもりが透けて見えるために赤みが目立ちます。

赤ニキビその後の経過

肌の働きが高まれば熱も抜けて赤ニキビや赤いニキビ跡も治りますニキビの発生段階は、まずは毛穴の詰まり、コメドから始まります。

コメドで毛穴の目詰まりをおこすとそれが白ニキビに発展し、白ニキビが炎症をおこすと赤い炎症ニキビになります。

東洋医学的には、体の中の熱のこもりが強くなると炎症ニキビがしこりニキビに発展すると考えるのですが、この方の場合は手当てを始めてからわりと早い段階で体の中の熱が抜けてきたため、しこりニキビや顔の赤みが少なくなりましたが、まだ体の状態がニキビが出来にくい状態にまで整ったわけではないので白ニキビが出来やすい状態がしばらく続きました。

そして、生理前の黄体ホルモンの影響で体温が上昇する高温期=熱がこもりやすい時期になると、まだ炎症ニキビが出来てきました。

しかし、体の状態と肌の状態が少しずつ整ってきていましたし、熱のこもりはだいぶ抜けてきていたので、生理前に炎症ニキビが出来てもしこりニキビに発展するようなことはなく、ニキビの治り方も断然早くなってきました。

これは、体の中の状態が整い始めたおかげで、肌周囲にも血液が循環しやすくなり、肌の働きが高まってきたためです。

肌周囲に血液が循環しやすくなってきたので、体の中の余分な熱を逃がす肌の働きもさらに高まって、炎症ニキビも出来にくくなると同時に、顔の赤みが引いてきました。

「今まではニキビばかりが気になっていたけど、この間、生まれて初めて色白だねって言われました!すっかりニキビが治ったつもりだったけど、写真を撮って見てみたらまだありますね。でも、最初から比べたら夢のようです。ここまできたら、完全にニキビが出来なくなるまで頑張ります!」と嬉しそうに報告してくれました。

大人ニキビを原因から解消する美肌ネット無料Web相談