肌荒れと大人ニキビ

サイトマップ

トップ / 肌荒れと大人ニキビ

肌荒れと大人ニキビ

肌の悩みの中でも多いのが「肌荒れ」のお悩みです。 「肌荒れ」が持つ意味にはいくつかの肌状態が含まれていて、乾燥肌で肌がカサつくことやそれとは逆に皮脂分泌が過剰で化粧直しを何回もしなければいけない肌、湿疹で痒みが出ている肌、毛穴の開きが気になる肌、また、ニキビが出来ても肌荒れと表現されることがあります。この中で、ここでご説明する「肌荒れ」に一番近い症状が乾燥肌や皮脂分泌が過剰な肌の状態です。皮脂分泌が過剰でニキビが出来やすいというのはある意味納得出来るのですが、大人ニキビでお悩みの人には肌が乾燥するのにニキビが出来てしまう人も意外に多くいます。乾燥肌や皮脂分泌が過剰な肌というのは肌の正常な状態が崩れてしまっている肌で、そのことが大人ニキビを治していく際に大きな障害になってしまっている場合が多いです。

肌荒れを治すために知るべき正常な肌状態

新陳代謝アニメ

肌は体の一部です。肌は胃や腸などと同様の臓器で、大人の肌の総面積は平均すると1.6㎡、重さは体重の約16パーセントに及び、臓器としての大きさは人体最大です。また、肌には保護作用や分泌・吸収作用、体温調節作用、知覚作用など様々な働きがあり、新陳代謝で毎日少しずつ新しい肌に入れ替わっています。これらの作用がしっかりと働くことで、トラブルをおこしにくい、きれいな肌になります。ところが、肌は体の一部という事や働きを無視して、大人ニキビの症状だけに目を向けてケアをしている人がとても多いのが実情です。多くの大人ニキビケアは、ニキビ菌の殺菌を目的としたものやニキビの原因とされる皮脂を過剰に取り除くスキンケア、ピーリングで角質を剥離するケアをしている人がとても多いです。もちろん、症状改善用の化粧品のスキンケアで症状が改善する事も多いと思いますが、自分の肌状態を考慮に入れずニキビのことだけを考えたスキンケアをしていると、かえって悪化してしまった…出来たニキビの治り方は早くなったけど、またすぐに新しいニキビができてしまう…というご相談も多くいただきます。大人ニキビの症状だけに目を向けていると、肌状態を崩してしまい、ニキビが悪化してしまうこともあります。美肌ネットでは、きれいな肌=健康な肌と考えます。肌が健康で、しっかりと働いていれば、大人ニキビになりにくくなりますし、毛穴の開き等も同じ事が言えます。

肌荒れは大人ニキビや敏感肌になりやすい肌状態

肌荒れは肌が外部的刺激を受けやすくなりニキビや敏感肌の要因になります。

表皮は基底層・有棘層・顆粒層・角質層の4層に分類されます。そのうちの角質層は、お顔の場合には10-14層重なり合っていますが、この角質層が正常に形成されていないと肌荒れをおこしやすくなります。角質層は体内部の水分が体外に蒸発するのを防ぐ働きや外部からのウィルスや刺激物質が体内に侵入するのを防ぐ働きをしています。健康な肌の状態が崩れ肌荒れすると、一般的には脂性肌の方が出来やすいはずのニキビが、肌が乾燥するのに出来やすくなります。また、肌荒れ状態の肌は、例えて言うと家の屋根に穴が空いて天井から雨漏りしているような状態で、紫外線や雑菌の影響を受けやすい肌になりますし、スキンケア化粧品が沁みたりヒリヒリしたり…と少しの刺激にも肌が弱い敏感肌にもなってしまいます。

脂浮きする肌も肌荒れしていることが多いです

乾燥するのに脂浮きする肌。

日中は脂浮きがひどく化粧直しを何回もしなければいけないのに洗顔後には肌がカサつくという人も多いです。このような肌は乾燥肌と脂性肌が混在するインナードライ肌と呼ばれていますが、このような肌も肌荒れしている肌です。もともとは肌の乾燥により角質層が充分に形成されなくなると肌のバリア機能が低下してウィルスなどの外部刺激が進入しやすくなるため、皮脂腺の働きの活発な人は皮脂を大量に分泌して角質を皮脂で覆うようにします。ちょうど家の屋根に穴が空いて雨漏りしているところにビニールのブルーシートを被せて雨漏りを防ぐように喪失した角質を皮脂で覆って外部刺激が侵入しにくい状態を作るのです。そのため、日中は皮脂分泌過剰によって脂浮きしやすくなりますが、洗顔で皮脂が取り除かれると乾燥した角質がむき出しになって肌のカサつきやつっぱりを感じるのです。

肌荒れを整えるスキンケア

肌荒れを整えて肌を正常な状態に保つためには肌の余分なものは取り除き不足しているものは補うスキンケアが必要です。正常な肌状態を保つスキンケアを続けることで肌荒れが治り肌が本来持っている機能が回復し、大人ニキビになりにくい肌にすることが出来ます。肌に出来ているニキビを無くすことばかり考えているニキビスキンケアは、肌に必要なものを取り除きすぎるものが多く、たとえニキビがなくなったとしても肝心の肌状態がボロボロに崩れてしまいます。ニキビが一時的になくなっても肌荒れが続いている肌は、また何かのきっかけですぐにニキビが出来始めてしまうことが多く、肌荒れ状態が崩れて肌の働きが低下してると以前よりもひどいニキビになってしまいます。肌を正常な状態に整えるスキンケアではこのようなことはおこりません。肌荒れを治すスキンケアをすることで肌の働きが高まってきますから、ニキビが出来にくくなるだけではなくニキビ跡やシミも出来にくい肌にすることが出来ます。

アクセスマップ

皮膚科とニキビ