顎ニキビが治らない原因は冷え性?

サイトマップ

トップ / 顎ニキビが治らない原因は冷え性?

冷えない体つくりで顎ニキビを繰り返さない肌に

顎ニキビ 手当て開始直後相談例第二話は、8年以上前から出来始めた頑固な顎ニキビでお悩みの女性の治し方例です。中学生の頃にニキビができていたそうですが、その時は思春期のもので、皮膚科の薬を3ヶ月ほど服用する治し方ですっかりきれいな肌に治ってしまったそうです。その後、ご結婚されてお子様が生まれた後から肌の状態が変わってきて顎ニキビが出来始め、みるみる首にまで広がってしまい、それからは皮膚科の薬を飲んでも治らず、ホルモンバランスが崩れているのかと思い、婦人科で診てもらってピルを飲んでも治らなかったそうです。はじめてご来店頂いた時点では、顎の吹き出物が服の襟などで擦れてつぶれて襟に血がついて困るとおっしゃっていました。専業主婦なこともあり、皆が自分の吹き出物を見ているのではないかと人目が気になって毎日家にばかりいて外出もせず、憂鬱でストレスもたまり、ご主人が帰ってくると毎日吹き出物のことで泣きついていらしたそうです。食べものに気をつけたり、生活習慣を見直したり、色々と改善方法を見つけてもなかなか治らず…そんなときにお友達に美肌ネットを紹介され、ご主人から“肌の治し方があるんだったら通ってみたら…”と言っていただき、ご相談にいらっしゃいました。

繰り返す顎ニキビの相談例

顎ニキビの種類

ニキビの種類…○赤く炎症 ○黄色く化膿 ○白ニキビ ○しこりがあり、さわると痛い

ニキビの出来る場所…顎に繰り返し出来続ける

頑固な顎ニキビの原因となる体の状態

大便:○3日以上出ない ○下痢しやすい ○初め硬く、後は普通便

小便:○一日8回以上 ○無色

胃の症状:○胃がつかえる ○重苦しい ○胃が痛む(空腹時)○空腹時以外にお腹がグルグル鳴る

嗜好:○酸っぱい物 ×苦い物 ○甘い物 ×辛い物 ×塩辛い物

好きな物:×油物 ○魚 ×肉 ○野菜 ○果物 ×酒 ×たばこ

口・喉の渇き:○喉は乾くが一度に量は飲めない ○温かい物

生理:○3日以上遅れる ○出血量多い ○塊が多い ○オリモノが多い(色がつく) ○生理痛が強い

アレルギーB:○よく目が充血する ○よくくしゃみをする

その他:皮膚科でいただいた抗生物質の薬を3年以上飲んでいる。 婦人科で子宮内膜症と診断され、婦人科のお薬を服んでいる。

備考:顎ニキビができ始めた頃に子宮内膜症と診断された。

顎ニキビの原因と治し方が見えてきました。

頑固な顎ニキビの原因を体の中に沢山抱えているようです。

体質チェック

◎婦人科系の症状の生理不順・生理痛、子宮内膜症もあり、漢方で言う古血(おけつ)がたまっている。(お血の問題を抱えていると顎から首にかけてのニキビが出来やすくなります)

◎胃腸の働きが低いためにたくさん摂った飲み物を処理しきれずに、皮膚や下痢で外に出さなければならず、その負担が肌に出ている。

◎抗生物質の薬を長期間にわたって飲み続けたために胃腸の働きが低下して皮膚の抵抗力が低下している。

美肌つくりスキンケアチェック

ご相談のお悩みは顎ニキビでしたが、肌からの発散量が多いために鼻の回りの毛穴の開きも気になっていらっしゃいました。体質調整をすることで肌のキメも徐々に整ってきますが、せっかくお手当てするのですからその部分の肌も一緒に治してしまうように、顎だけではなく、お顔全体のお肌の手当てをおすすめしました。まだお子様が小さいために頻繁にお手当てに通えませんが、何とか時間を作れる時には肌のお手当てにも通っていただくようにお約束して、毎日のお家での肌の手当てに重点を絞ってご指導いたしました。子育てや家事でお忙しい方でしたが、お子様がお寝すみになった後にしっかりとケアがご自分でできるように美肌ネットのスキンケアをみっちりご指導してマスターしていただきました。

大人ニキビ解消生活チェック

この方の場合には、今まで飲み物をたくさん飲んだほうが肌のためにも良いと思っていらして、チョコチョコとお茶や紅茶を飲む量が多かったのですが、水分の取り過ぎが胃腸の冷えをおこしてしまっていました。雑誌などを読んでも水分はタップリ摂りなさいと書いてあるのを実行していたのです。飲み物の摂り過ぎを控えるようにお話したところ、今一つ納得がいかないようです。確かに人間の体は70%~80%は水分なので、水分を全く摂らないと干乾びてしまいます。でも、“飲み過ぎ”ると、胃腸が冷えをおこし肌の代謝も低下してしまうし、下半身が冷えてしまうと婦人科系の子宮・卵巣の冷えもおこしてしまい、それがホルモンバランスの崩れにもつながり、それが原因で顎ニキビや首ニキビが出来やすくなる・・・という漢方のお話を良くして差し上げたところやっと納得がいったようです。けれども今度は、今まで気にせずに飲んでいた分、“飲みすぎちゃダメ!”といわれて我慢すると、“喉が乾いてしょうがない”とおっしゃいます。この問題は漢方で言う古血のために“血熱(けつねつ)”をおこしていらっしゃるために喉が乾くのです。古血の原因が無くなってくると喉の乾きも治まってきますので、それまでは飲む前に口をゆすぎ、その後に少しずつ飲むようにして、“飲み過ぎ”ないようにご指導いたしました。

お手当て開始後の経過

顎ニキビ手当て開始後7ヶ月顎ニキビ手当て開始後7ヶ月2

顎に出来るニキビは原因が深いためにかなり頑固な吹き出物になってしまい治し方も難しいのですが、この方の場合も一筋縄ではいきませんでした。それでも、体の内側からと外側からの両面のお手当てを始めて4ヶ月目には、あれほど辛かった生理痛が軽くなり始め、6ヶ月後には生理痛がすっかり無くなってきました。生理も順調に来るようになり、婦人科系の症状が改善されてきました。それと時を合わせるように顎ニキビのでき方が変わってきました。生理不順も顎ニキビもホルモンバランスの崩れが原因と思っていたそうですが、婦人科ですすめられたホルモン剤などを使用せずに生理痛や生理不順が整ってきたことにビックリされているようでした。それにあわせ、肌にも変化が現れ始めました。まず、硬く大きく出来ていたものが小さくなり始めて、生理痛が無くなってきた6ヶ月目にはほとんど出来なくなりました。やはり、この方の原因は古血の問題が大きく関わっていたのでしょう。ここまで来れば、あともう一息です。体の中の体質調整は一段落したので、これからは体の外側から跡を消していくお手当てがメインになります。しかし、まだお子様も小さく、新しくできなくなってきたので、お手当てに通う頻度をもう少し少なくしたいとのご希望から跡の手当てはゆっくりと続けることになりました。新しいものができなくなれば、跡が今以上にひどくなることはないので、ゆっくりお手当てをしても大丈夫です。その跡も(特に顎や首の跡部分は時間がかかるのですが)、体質調整がしっかりできていたため、思ったよりも経過が早く、お手当てを始めて1年目には“どこにニキビがあったんだっけ?”というほどキレイになりました。その後はせっかくキレイにした肌の状態を維持するために普段のお手当てにも肌質に合わせてお選びした化粧品を今も続けていらっしゃいます。

※肌質・体質は、お顔や性格がピッタリ同じ人がいないように、その方その方で違います。実際のご指導は、あなたの肌を含めた体質に合わせて組み立てる事が大切です。しっかりとご相談を頂ければ、あなたにピッタリのお手当て法をご指導致します。

顎ニキビ解消無料WEB相談

アクセスマップ

皮膚科とニキビ