しこりニキビ解消の記録

サイトマップ

トップ / しこりニキビ解消の記録

しこりニキビのご相談

しこりニキビでフェイスラインが凸凹に相談例第一話は、顔全体にできるしこりニキビでお悩みの24歳・女性の美肌つくり例です。今ではすっかりキレイな肌になりましたが、はじめてご来店頂いた時点では、硬く腫れたしこりニキビのために顔のフェイスラインが凸凹になっていました。ご本人もよほどこのニキビが気になるらしく、さっそく今日からでも美肌つくりケアを始めたいとおっしゃいます。さっそくしこりニキビの原因を探すため、肌のご様子・体質・生活状況etcをお伺いする相談カードを記入してみると・・・・

顔全体にできる、硬いしこりニキビ・ニキビ跡

ニキビの種類…○赤い炎症ニキビ ○黄色い化膿ニキビ ○しこりがあり、さわると痛い

しこりニキビの原因となる体の状態

大便…○3日以上出ない *胃腸の働きが悪いタイプ。下剤を使うタイプではない。○初め硬く、後は普通便

小便…○5回~7回 ○一回量少ない

胃の症状…○胃がつかえる ○重苦しい ○お腹がすいていないのに体を横たえるとお腹がグルグル鳴る

嗜好…○酸っぱい物 ×苦い物 ○甘い物 ○辛い物 ×塩辛い物

好きな物…○油物 ×魚 ○肉 ×野菜 ○果物 ○酒 ×たばこ

口・喉の渇き…○ガブガブ飲みたい ○冷たい物好き ○口がパサつく

生理…○3日以上遅れる ○出血量多い ○塊が多い  ○オリモノが多い ○生理痛が強い

アレルギーA、アレルギーB…該当なし

その他…ニキビの薬の使用などは無し

備考…室内ペット ネコ

しこりニキビが出来てしまう原因が見えてきました

やはりしこりニキビの原因が体の内にあります。年齢が若い割には体の原因が深そうです。

体質チェック…◎便秘・生理不順・3日以上分の食べ物を濃縮してお腹にためるためには、15から16回の小便の回数が必要ですが、小便の回数・量が少なく、その分を皮膚から出そうとして肌に負担がかかっている。◎胃腸の働きが低いためにたくさん摂った飲み物を処理しきれずに、皮膚から発散しようとして肌にしわ寄せがきている。・・・等、ニキビと体の深い関係のページのⅢとⅣの原因を併せ持っています。特にしこりニキビは、上半身の熱のこもりが強くなって出来ている場合が多いです。体の状態が皮膚の発散の働きを低下させて熱のこもりが強くなってしまっているため、頑固に繰り返すしこりニキビが出来てしまうのです。このような体質を改善していくために組み立てた食養生法をよくお話して実行していただきました。

美肌つくりスキンケアチェック…ニキビ肌のお手入れの基本は、肌を健康な状態に整え、肌が本来持っている免疫力を引き出すことが基本です。毛穴の汚れしっかりと落とし、保湿、保護のお手当てをご指導しました。しかし、この方の場合には大便や小便で出し切れないしわ寄せが肌に負担をかけすぎているために肌がとても弱く、汚れを落とすクレンジングや洗顔なども肌に負担をかけやすいため、まずは肌の状態を整えるスキンケアからスタートして、健康な肌の状態にするために、水分や不足している皮脂膜の代わりになる脂分もしっかりと肌に補給する必要があります。お手入れの時には、刺激に対して弱い肌に負担をかけないために、美肌ネットのお手当て法も繰り返しご指導して、きちんとマスターして実行していただきました。

生活チェック…相談カードの備考欄にもありますが、ネコをペットで飼っていらして、毎日一緒にお寝みになっているそうです。本当は衛生面でやめなくてはいけない所ですが、別の部屋でネコを寝かせようとしても、今までの習慣で、ちょっとしたスキに布団にもぐりこんできてしまうとの事です。幸いネコは足元の方で寝るという事なので、百歩も千歩も譲って対策を立てました。掛け布団は顔に掛けない事と枕の顔があたる部分には柔らかいタオルを被せ、それを毎日交換する事をお約束しました。もう一つ、甘い物やみかんが大スキでどうしても間食をしてしまうらしいのです。これは、体質が改善されて胃腸の働きが良くなってくれば徐々におさまってくると思われますが、それまで待たずに我慢することもお約束しました。

しこりニキビのその後の経過

この方の場合体の原因が深く、12月~1月と飲んだり食べたりする機会が多い季節と重なり、最初の1ヶ月半くらいまでは一進一退を繰り返しました。 そうこうするうちに体の調整が結果として現れ始め、まず全体が真っ赤だった顔から大分赤みが引いてきました。これは、肌の働きが回復してきて熱が滞らなくなってきたしるしです。そしてニキビのでき方が段々小さくなってきました。最後に残ったのが生理前になると一つ二つニキビがポツンとできる状態です。生理前には皮膚からの発散が低下するので、どうしてもニキビが出来やすいのですが、それも半年が経過する頃にはまったく無くなっていました。そして、美肌つくりを始めて3ヶ月目から始めたニキビ跡ケアも成果を現しはじめ、最初にご相談にお見えになったときとは別人のようになりました。たくさんあった硬いしこりニキビもすっかり無くなり、凸凹だったフェイスラインも“つるん”としてとてもキレイです。ニキビ跡になってしまった所を治すのにはまだ少し時間がかかりましたが、しこりニキビが出来なくなってくると、うつむきがちだった顔もしっかりと前を見るようになり、服装も大変オシャレになってきて、本当にキレイな“女性”になりました。現在はキレイになったお肌を維持するためと、今度はシミやシワなどのトラブルをおこさないためにしこりニキビを治しながら覚えた食養生法と毎日のスキンケアを少しずつ続けていらっしゃいます。

しこりニキビ解消無料WEB相談

アクセスマップ

皮膚科とニキビ