首ニキビは原因の深いニキビ

サイトマップ

トップ / 首ニキビは原因の深いニキビ

首ニキビが出来る体の状態

ニキビは、毛穴のある部分ならば、体中、どこにでも出来る可能性があります。

人間の体は、掌と足の裏、目の周り以外は、全身に毛穴がありますから、お顔に限らず、デコルテや背中、腕、お尻、太腿など、体中、ニキビが出来る可能性があるということになります。

そして、お顔に出来るニキビは、おでこやこめかみに出来るものは、思春期の頃に多いニキビで、年齢が上がってくるにつれて、ニキビが出来る場所は段々下に降りてくる傾向があります。

おでこやこめかみ、頬の上部に出来ていたものが、頬の下部や口まわり、フェイスラインに出来るようになって、そのうちにフェイスラインを越えてあご裏や首にまでニキビが出来るようになる場合もあります。

首にまでニキビが出来る方の場合には、漢方ではお血(おけつ)や古血と呼ばれる血液循環の問題から首にニキビが出来ている場合が多く、大人ニキビの中でも特に頑固なニキビに分類されます。

首ニキビの原因となるお血(おけつ)とは?

首ニキビの原因として絡んでいることが多い血液循環の問題、お血(おけつ)とはどのようなものなのでしょう?古血やお血(おけつ)と呼ばれる状態は血液循環があまり良くない状態です。血液は栄養素や酸素、ホルモンなどを体の各細胞に運ぶ役割がありますが、これらのものと一緒に体温=熱も体の各部に運んでいます。血液が滞りなく流れていれば熱の移動もスムーズなのですが、血液循環が滞ってしまうと熱の移動が緩やかになり、その分熱のこもりが強くなってしまいます。

女性の場合、生理の出血のときにレバーのような黒い血の塊が混ざる人がいますが、お血(おけつ)の問題を抱えている人は生理の出血時に塊が多く混ざるようになります。

また、舌の裏側を見てもお血(おけつ)のある程度の判断が出来ます。舌の裏側を見て裏側や根元に青い筋が立っているようならばお血(おけつ)の問題を抱えている可能性があります。

お血(おけつ)の問題を抱えている人は、ニキビが出来る場所もだんだん下に下がってきて、フェイスラインやあご裏、首筋にかけてニキビが出来るようになります。

首ニキビを治すために

このような体の中の深い原因から出来ているニキビの場合には、薬を服用しても全く効かないことが多いですし、ピーリングなどで皮膚代謝を過剰に高める手当をすると、一時的にニキビが無くなる事がありますがピーリングを止めてしばらくするとまたすぐに出来始めてしまい、根本的な解決にはなりません。

体の中の原因から出来るニキビを解消するには、体の中から肌を見つめ直し、ニキビが出来ない肌と体をつくることが必要です。

頑固な首ニキビでお悩みの方は、美肌ネット無料Web相談をお受けください。

首ニキビ解消無料WEB相談

まちだ美顔
ブログサイト

まちだ美顔ブログサイト

大人ニキビを原因から根本解消するまちだ美顔blog

 

アクセスマップ

皮膚科とニキビ