口周りニキビ吹き出物 原因は胃の働きの低下?

口周りニキビ吹き出物 原因は胃の働きの低下?

口周りニキビ、吹き出物解消の第一歩

口周りニキビ吹き出物 原因は胃の働きの低下?口周りニキビは体の中の原因が肌にニキビとして表れている大人ニキビです口周りニキビは、繰り返し出来て頑固でなかなか治らないニキビのひとつです。

他の部分にはまったく出来ないのに、口周りにだけニキビや吹き出物が繰り返し出来てお困りの人も多いです。

一つニキビが治ってもすぐに新しいニキビが出来ることを繰り返していると、いつまでたっても口周りニキビを治すことが出来ません。

口周りにニキビや吹き出物が繰り返し出来てしまう原因は何なのでしょう?

思春期のニキビの場合には、ホルモンバランスが変化して皮脂の分泌が多くなる一定期間だけニキビが繰り返し出来やすくなります。

この頃のニキビの治し方は、思春期の一定期間だけ抗生物質の薬や皮脂を取り除くスキンケアでニキビが出来にくい状態をを続けていれば、第二次性徴が終わり、ホルモンバランスが正常に戻り、皮脂の分泌量が落ち着いてくれば新しいニキビが出来なくなりますのでそれでニキビが治るのですが、一般的には吹き出物と表現されるような大人になってからも繰り返し出来続ける口周りニキビの場合には、体の中の原因を無くさない限り、いつまでも繰り返して常に口周りにニキビや吹き出もが出来ている状態になってしまいます。

大人になっても口周りニキビを繰り返して治らないときには、ニキビを繰り返してしまう肌をつくっている体の中の原因を見つけることが、口周りニキビの治し方の第一歩になります。

大人ニキビを原因から解消する美肌ネット無料Web相談

口周りニキビ、吹き出物と胃の働きの関係

口周りに出来るニキビの原因は胃の働きと深い関連があります人間の体は、口から食道、胃、腸の消化器官につながっていて、口は消化器官の始まりです。

口周りニキビでお悩みの人で、食べ過ぎた後に口周りのニキビが悪化したことはありませんか?

口周りニキビは、胃の働きが低下すると出来てくる場合が多く、食べ過ぎて胃の負担が大きくなり、その結果胃の働きが低下すると口周りニキビが出来てしまう場合が多いです。

ニキビの原因はストレスにあるともいわれますが、ストレスを感じて出来るニキビの場所で最も多いのが口周りのニキビでしょう。

ストレスを感じると胃が痛んだり、食欲がなくなったりすることも多く、口まわりニキビの原因は胃の状態の影響が大きいので、ストレスを受ける→胃の働きが低下する→口周りにニキビが出来るという図式で口まわりにニキビが出来やすくなるのです。

よくいわれるようにストレスだけが口周りニキビの原因なのではなく、ストレスは二次的なきっかけで、もともと胃の働きが低下しているところにストレスが加わり、その結果胃の働きが低下することで口周りニキビが出来てくるのです。

口周りニキビや吹き出物の治し方

口周りニキビは胃薬を飲むだけでは治りませんでは、口周りニキビが出来やすい人は胃薬を飲めば治るのでしょうか?

胃の負担が大きく、極度に胃の働きが低下していて、口まわりニキビが悪化しているときならば、胃薬で多少の改善はみられるでしょう。

しかし、胃薬で胃の調子を整えてもそれは一時的なもので、胃薬をやめてしまえば再び口周りニキビが出来始めてしまいますし、体の状態が更に胃に負担をかけるようになると、胃薬を飲み続けていてもだんだん効かなくなってニキビが増加してしまうことは珍しくありません。

根本的に口周りニキビを治すには、なぜ胃の働きが低下しているのかを考えなくてはなりません。

胃の働きが低下しているのには必ず理由があります。

胃以外の別の部分の働きの低下のしわ寄せが胃にきていると、胃薬を飲み続けてもいつまでも胃の働きを高めることは出来ません。

胃の働きの低下からくる口周りニキビは、肌も含めた体全体から原因を探し出し、体内の状態を整える体の内側からのケアと、体の中の原因の影響で働きが低下している肌状態を整えるスキンケアで根本解消することが出来ます。

大人ニキビを原因から解消する美肌ネット無料Web相談