生理前ニキビ悪化の原因はホルモン?

サイトマップ

トップ / 生理前ニキビ悪化の原因はホルモン?

生理前にニキビが悪化するのはホルモンが原因?

生理前にニキビが悪化する原因は?生理前にニキビが増えたり、普段は出来ないのに生理前になるたびに出来てしまう人がいます。生理前に肌が荒れる原因は何でしょう?女性の体は、排卵があると卵胞が黄体に変化して黄体ホルモンが分泌され、生理前になると、次の卵胞が成長する間は卵胞ホルモンが分泌されるようになり、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが交互に分泌されています。生理前に悪化する第一の要因は、この卵胞ホルモンと黄体ホルモンの切り替わりです。黄体ホルモンは男性ホルモンと似た働きをするため、生理前に黄体ホルモンが分泌されるようになると皮脂の分泌が多くなり、その影響で生理前には肌トラブルをおこしやすくなります。

ホルモンだけではない生理前ニキビ悪化のもう一つの側面

しかし、普段はもちろん、皮脂分泌が活発なはずの黄体ホルモンが分泌されている時でも、肌の乾燥が気になるにも関わらず悪化してしまう人も多いです。そのような場合には、生理のもう一つの側面、高温期と低温期が関わっている場合が多いです。排卵が行われて黄体ホルモンが分泌されると、黄体ホルモンの体温上昇作用によって高温期になり、卵胞ホルモンが分泌されている時は低温期になります。ホルモンの切り替わりと共に、女性は高温期と低温期という体温の高い時期と低い時期を交互に繰り返していますが、生理前の高温期には体の中の熱のこもりが強くなります。東洋医学的には、熱のこもりが生理時の炎症の原因と捉えています。

生理前ニキビの発生メカニズム

排卵後に高温期に移行しても、熱がこもりにくい体の状態の人は肌荒れをおこしたりはしません。 人間の体は、筋肉や肝臓で体熱を産生していますが、同時にお通じ(便)やお小水(尿)、呼吸や皮膚からも 余分な熱を外に逃がして体温をある程度一定に保っています。 このうち、皮膚の働きが低下して余分な熱を外に逃がせなくなってくると、体の中に熱がこもりやすくなります。 その状態に生理時の高温期が重なると、その分の熱が加わって炎症をおこしやすい状態がつくられてしまいます。 また、熱のこもりが強くなると肌が過敏になって痒みが出たり、赤ら顔になったりと、様々な肌トラブルもおこしやすくなります。 生理時の肌の不調は、このような体の状態からおこしている場合が非常に多いです。

生理前ニキビの悪化を防ぐには

生理時でも何のトラブルもおこさない人は、皮膚が正常に働いている人です。皮膚の正常な働きが低下してしまう原因は、胃腸の働きの低下や血液循環の不良など、体の中のバランスの崩れのしわ寄せが皮膚に出てしまっている事が多いです。バランスを崩してしまっている体の状態を整え、熱がこもりにくい体の状態をつくれば、肌が正常な働きを取り戻し、生理時でもトラブルはおこさないようになります。トラブルのない美肌をつくるには、皮膚が正常に働く体の状態に整えることが必要です。生理になるたびに肌荒れをおこしてしまう人は、生理前の肌荒れ原因を美肌ネット無料Web相談で探して、頑固な肌トラブル解消の第一歩を踏み出してください。

まちだ美顔
ブログサイト

まちだ美顔ブログサイト

大人ニキビを原因から根本解消するまちだ美顔blog

 

アクセスマップ

皮膚科とニキビ