男性でもニキビ肌では人目が気になります

サイトマップ

トップ / 男性でもニキビ肌では人目が気になります

男性ニキビ

男性ニキビでお悩みの方も多いです。本来、ニキビは、第二次性徴の期間、中学生や高校生の時に最も発症しやすい皮膚疾患です。思春期ニキビの発症には、皮脂の分泌が大きく関わるので、特に第二次性徴の時期に男性ホルモンの分泌が盛んになると、その影響で皮脂分泌が多くなるので、女性に比べて男性の方が発症しやすく、また、より重症化しやすいですし、強い炎症を起こしてしまうと皮膚の深部にまで影響が及んで、治った後も痕がクレーター状に残りやすくなります。クレーター状の痕が残ってしまっても、思春期以降に新しいものが出来なくなれば、色素沈着のニキビ跡やクレーター状の痕もそれ以上悪化することはありませんが、大人になってからも繰り返してしまう人も多く、そうなると残ってしまった跡に加え、新しく次々に出来続けるので、お悩みの期間が長ければ長いほど、肌が汚く見えてしまいます。女性に限らず男性にとっても、これは大きな問題で、「街ですれ違う人が皆、自分の肌を見ているような気がする。」と話す人も…。

男性ニキビの原因

では、なぜ思春期を過ぎても、繰り返し出来続けてしまうのでしょうか? それは、はじめは思春期ニキビだったものが、段々と大人ニキビに変わってきている場合が多いです。このような場合、いくつかの特徴があります。

・高校生の頃、一度治ったのに、20歳を過ぎてから再び出来始めた。

・中学生の頃から続けて出来ているが、中・高生の頃とは出来るタイプや場所が変わってきた。

・顔に出来ていたのがやっと治ったと思ったら、今度は胸や背中に出はじめた・・・etc

一度治ったものが再び出来始めたり、タイプや場所が変わってくるのは、ニキビの出来る原因が変わって来たためです。思春期の単純なホルモンの変化による皮脂の過剰分泌の原因から、体の中の状態が皮膚の働きを低下させることが原因で発症する頑固なタイプに変わっているのです。体の中の影響から出来るニキビの場合、思春期のもののように“放っておけば、そのうち治る”ものとは違い、体の中からも皮膚の働きを高めなければ、いつまでも繰り返してしまいます。

頑固な男性ニキビの治し方

最近は、男性用化粧品も多く販売されていて、洗顔や化粧水のスキンケアで手当てをしたり、皮膚科に通って治療をしている人も多いようです。 そのうちに自然に治まってくる思春期タイプと違って、体の中の影響からおきる男性ニキビの場合、スキンケアの手当てを一生懸命続けていても、ポツポツと新しく出来てしまいます。スキンケアの手当だけでは、表面的に出ているものを早く治したり、以前よりも出来にくくする事は可能でも、完全に発症を止める事は難しいですし、特に男性用スキンケア商品の中には、皮脂を過剰に取り除きすぎるものもあるので、男性でも肌が過敏な人は、ニキビを治すための男性用スキンケア商品の使用で返って悪化してしまったり、ひどい乾燥状態になってしまう事も多いようです。 また、薬の力で発症を抑えていても、服用を止めると、またポツポツ出来始めてしまいます。 頑固なニキビを治すためには、新しく出来るものの発症を止めなければ、いつまでも悩み続けなくてはなりません。 「いつまでも繰り返し出来るのをなんとかしたい。」そう思っている方は、無料Web相談でニキビの原因を見つけてください。まずは原因を知る事がニキビ解消の第一歩です。

大人ニキビ解消無料WEB相談

アクセスマップ

皮膚科とニキビ