フェイスラインのニキビは大人ニキビ

サイトマップ

トップ / フェイスラインのニキビは大人ニキビ

フェイスラインのニキビ 原因によって出来る場所も変化します

フェイスラインニキビは大人ニキビが出来る場所の代表的な部位ですニキビの場所は、年齢と共に変化する事があります。最初はおでこにポツポツ出来始めた後、段々フェイスライン(Uライン)ニキビが出来るようになってなかなか治らなくなってきた…。頬の上の方に出来ていたものが、18歳頃からフェイスラインにニキビが出来始めた…。等のご相談を多くいただきます。なぜ、ニキビが出来る場所がおでこからフェイスラインや顎、首筋など、顔の下側へと変化して治らなくなってくるのでしょう?美肌ネットでは、ニキビが出来る原因が変わると、出来る場所も変わってくると考えます。ニキビの多くは、おでこや鼻回りなどのTゾーンに出来やすくなります。これは、思春期のものに多く、この頃のニキビは第二次性徴に伴う一時的なホルモンバランスの変化で、皮脂の分泌が過剰になる事が原因で発症するためです。そのため、皮脂腺の多く分布する部分にニキビが出来やすくなり、第二次性徴が終了すると皮脂分泌が少なくなり、ニキビの原因そのものが無くなるため自然に治ってきます。しかし、第二次性徴が終わって大人になっても治らないニキビは、思春期とは別の原因から出来ていることが多く、そのような大人ニキビは、出来る場所もフェイスライン(Uライン)や、あご、首筋など、それまでとは違う所に出来始め、体の中の原因が深くなってくると治りにくくなってきます。

ニキビが乾燥する場所にも出来てしまう

ニキビは、皮脂腺の分布の多い場所に出来やすいのですが、出来る場所がフェイスラインや顎、首筋などに移ってくると、単純な思春期ニキビとは違う原因から出来ている大人ニキビの可能性があります。フェイスラインやあご、首筋に出来る、胸や背中に出来る場合は、胃腸の働きの低下や血液循環の不良、下半身血流の低下など、体の状態が肌に負担をかけて、その結果肌の働きが低下している事が原因になっている場合が多いです。「中学生の時におでこや頬の上の方にニキビが出来始め、18歳頃に一度治ったけれど、20歳を過ぎてから再びあごに出来始め、何をやっても治らなくなった。」「18歳頃から段々出来る場所がフェイスラインや首筋に変化してきて、出来方が変わってきた」というような人は、思春期ニキビと体の中の原因からできる大人ニキビの両方が出来てしまったと言う事になります。

ニキビの出来る場所以外にも変化が

肌の働きを低下させてしまうほど体の中のニキビの原因が深まってくると、フェイスラインやあご、首などにニキビが出来る場所が変わってくるだけではなく、それ以外の肌症状も表われやすくなりますし、体の他の部分にも症状が出やすくなります。肌の働きの低下によって表われる肌症状では、赤ら顔や肌のかゆみなどもおこしやすくなりますし、体の部分では手足の冷えや肩こりなどの症状が出始めます。肌(皮膚)は、保護作用や体温調節作用をもった人体最大の臓器で、体の状態と肌の状態は密接に関連しています。頑固でなかなか治らない、いつまでも繰り返し出来続けるニキビのお悩みは、肌を体の一部と捉え、肌の働きを低下させている体の中の原因を取り除き、肌がしっかりと働ける状態に整えるスキンケアで解消出来ます。

フェイスラインニキビ解消無料WEB相談

コラム

フェイスラインニキビ右側と左側で違う原因

右側に繰り返すフェイスラインニキビの原因は水滞(すいたい)

フェイスラインニキビが治らないでお困りの人の中には、右側にばかり、それとは逆に左側ばかりと片方のフェイスラインにだけニキビが出来やすい人がいます。

片側のフェイスラインにだけニキビの場合、夜寝るときの姿勢が影響していることもあり、横を向いて寝る人の場合にはフェイスラインが枕に接するので枕カバーをこまめに取り替えたり、寝る姿勢を変えるなどしてフェイスラインの刺激にならないよう気をつけてみることも必要ですが、そうしてもなかなか治らないフェイスラインニキビは、体内原因が関係しているのかもしれません。

左側に繰り返すフェイスラインニキビの原因はお血(おけつ)

東洋医学では上半身の右側に不調が出やすい場合、水滞(すいたい)といって体の中に余分な水分を抱えやすくなっていることが原因となり、それとは逆に左側に不調が出やすい場合にはお血(おけつ)という血液循環の問題が原因になっているという考え方があります。

右側のフェイスラインにばかり繰り返しニキビが出来てしまう人の場合には、普段の水分摂取の量が多すぎたり、腸の働きの低下によって摂取した水分が上手く体に吸収されない状態になっていることがないかを確認し、問題になっている部分があればその状態を整えて原因を無くせば、右側に繰り返すフェイスラインニキビが出来ない肌になってきます。

左側のフェイスラインにばかり繰り返しニキビが出来やすい人の場合には、お血(おけつ)の問題を解決すれば、フェイスラインニキビが出来ない肌にすることが出来ます。

また、右側と左側交互にフェイスラインニキビが悪化するという人もいますが、このような人の場合、生理前などの血液循環の影響が出やすい時期には左側に、それ以外の時期は右側に繰り返す場合が多く、お血(おけつ)と水滞(すいたい)の両方の問題を抱えているということになりますが、このような場合でも水滞(すいたい)とお血(おけつ)の原因を取り除けば治していくことが出来ます。

フェイスラインニキビに代表される大人ニキビは、新しいニキビが出来てくる原因が体の中に潜んでいる場合が大半です。

表面的なニキビにだけ目を向けるのではなく、次に出来てくるニキビを止めるために体の状態を整えることが大人ニキビ解消の鍵になります。

アクセスマップ

皮膚科とニキビ