大人ニキビの治療にマーベロン等の低容量ピルは効く?

サイトマップ

トップ / 大人ニキビの治療にマーベロン等の低容量ピルは効く?

大人ニキビの治療に低容量ピルが使われる理由

低容量ピル大人ニキビの治療にマーベロンやトリキュラー、オーソ、ラベルフィーユ等の低容量ピルを使っている人は多いのではないでしょうか?本来は避妊のための薬である低容量ピルが大人ニキビに使われる理由は、ピルには黄体ホルモンや卵巣・副腎由来の男性ホルモンを抑制する働きがあるためです。

女性は生理が終わってからの7日から10日の間は卵胞期(らんぽうき)と呼ばれるエストロゲン(卵胞ホルモン)がたくさん分泌される時期で、その後生理までの間は黄体期(おうたいき)と呼ばれるプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されるようになり、この状態が交互に繰り返されています。

このうち、エストロゲン(卵胞ホルモン)がたくさん分泌されている卵胞期は、皮脂の分泌が抑制されて肌のキメが整ってきれいな肌になるために別名"美人ホルモン"とも呼ばれています。

一方、黄体期はプロゲステロン(黄体ホルモン)が男性ホルモンに似た作用があるため、男性ホルモンと同じように皮脂腺を刺激して働きが活発になり、皮脂分泌が増加してニキビが出来やすい状態になります。

ピルには微量のエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの種類の女性ホルモンが含まれています。

大人ニキビが出来やすい人がピルを服用すると、ピルに含まれる微量の女性ホルモンによって血中のホルモン濃度が高まるために、本来分泌されるはずの性腺刺激ホルモンが分泌されずピルに含まれる微量のホルモンだけになるために皮脂分泌の増加がおきず、その結果ニキビを抑制することが出来るのです。

低用量ピルで大人ニキビは治るのか?

このように低用量ピルにはニキビが出来るのを抑制する効果があります。

では、低用量ピルで大人ニキビを治すことは出来るのでしょうか?

上記ご説明したようにピルを服用している間はエストロゲンやプロゲステロンの女性ホルモンがピルによってコントロールされるためにニキビが出来にくくなるでしょう。

しかし、ピルを服用している間は良くても、服用を止めると女性ホルモンをコントロール出来なくなるために、またニキビが出来始めてしまう場合が多いようです。

ピルを服用している間はニキビが出来なくなっても服用を止めるとまたニキビが出来始めるのでは、ニキビを治しているのではなく、ピルの服用によって一時的にニキビを隠しているだけです。

一時的にニキビが隠れるだけでも、低用量ピルを飲み続ければニキビがずっと隠れているわけですから、飲み続けても何の問題も無ければ良いのですが、ピルには頭痛やめまい、血圧上昇、体重増加、重いものでは血栓症、心筋梗塞、肝障害等の副作用のリスクがあります。

通常容量のピルでは副作用が出やすいためにニキビの治療に用いられるピルは低容量のものが多いのです。

このピルによる副作用の血栓の問題は、東洋医学的な考えでは血液循環の不良とも重なり、この問題があると大人ニキビに関わりの大きい熱のこもりを増長させてニキビの原因がさらに頑固になってしまうことがあります。

ピルを服用してニキビの発生を抑えている間に体の状態がさらに頑固なニキビが出来やすい体になってしまう可能性もあるのです。

体の状態が頑固なニキビが出来やすい状態になってしまうと、ニキビの出来る場所が以前には出来なかったあご裏や首にニキビが出来始めることもあります。

長年繰り返す大人ニキビを治すには、低用量ピルの服用でニキビの発生を抑制するのではなく、薬を服用しなくてもニキビが出来ない体の状態に整えることが必要です。

まちだ美顔
ブログサイト

まちだ美顔ブログサイト

大人ニキビを原因から根本解消するまちだ美顔blog

 

アクセスマップ

皮膚科とニキビ