大人ニキビと内臓の働き

サイトマップ

トップ / 大人ニキビと内臓の働き

内臓の働きが低下すると大人ニキビが出来やすくなります

大人ニキビ、体内の熱を体外に逃がす体のシステム大人のニキビの原因を見つけて頑固なニキビの治し方を探しましょう。大人ニキビはフェイスラインニキビやあごニキビ、首ニキビなどがもっとも多く出来る場所です。頑固でなかなか治らない大人のニキビはどんな原因から出来てくるのでしょうか?大人ニキビの原因、体の内の状態を整えて熱のこもりをなくしていけば、大人のニキビも治ってきます。私たちの体温は36.5℃程度が平熱とされています。体温は筋肉や肝臓、脳等で作られています。しかし、体を構成するたんぱく質は熱で凝固する性質がありますから、体温が上がり過ぎないよう、熱を作るだけではなく熱の逃げ場所も整っています。大便や小便等の温かいものが体外に出て行く事で体温を体外に逃がしていますし、女性の場合には排卵があると高温期になり生理が始まると低温期になる事からも分かるように、生理でも体の代謝熱を体外に排泄しています。また、運動で筋肉の動きが活発になって急激にたくさんの熱が産生された時には汗が出て、汗が蒸発するときの気化熱で体温を下げるシステムがあります。安静時でも手にハァーと息を吐くと暖かく、窓ガラスに息をかけると曇る事からも分かるように、呼気からも水蒸気のような形で水分や体の代謝熱を逃がしていて、呼気から出る時と全く同じ形の不感蒸泄と呼ばれる働きで肌からも熱を逃がしています。これが私たち人間の肌と体の正常な状態です。

大人ニキビは肌から熱の発散が上手く行なわれないことで発症します

東洋医学では、皮膚の裏側に熱が滞ってニキビや跡ができる原因を大きく4つのパタ-ンに分けて考えます。

Ⅰ 皮膚の蒸泄力(発散する力)が弱まっている又は皮脂・ホコリなどの外部的刺激によって排泄が障害されて熱の発散が滞って大人のニキビが出来る

Ⅱ 蒸泄を継続する為の、体液の補充が乏しいために熱が滞って大人ニキビが出来る

Ⅲ 大便・小便・生理(熱の逃げ場)が滞って熱の逃げ場が無くなり、熱の逃げ場所である皮膚にしわ寄せがきて大人のニキビが出来る

Ⅳ 胃腸の働きが低く、お腹が冷えて皮膚の発散力が弱まって大人ニキビが出来る

頑固な大人ニキビは肌からの熱の発散が滞って発症します

体の中の熱のバランスが崩れてしまう事が大人ニキビの原因になりますから、大人のニキビだけではなく赤ら顔やニキビと全く関係の無いように思える手足の冷えなども同時に起こしている場合が多いです。

次に大人のニキビのタイプを見てみましょう。

ニキビ・ニキビ跡写真1 皮膚の発散力が低下し体内の代謝熱が滞って皮脂が固まりやすくなり毛穴を塞いでしまった状態。 ニキビ・ニキビ跡写真2 体内の代謝熱によって皮脂が固まり、毛穴に目詰まりして炎症を起こしやすくなります。 ニキビ・ニキビ跡写真3 体内の代謝熱の発散不良が進むと、毛疱の部分に化膿が出てきしこりタイプのニキビになります。

大人のニキビ解消のポイント

美肌ネットでは、Web相談であなたの肌と体の状態を詳しくお伺いしてあなたの大人ニキビの原因がどこにあるのかを見つけ出します。原因を取り除く食養生や養生食品による体の内のお手当てが進んでくると、段々新しいニキビが出来なくなってきます。新しくできてくるものを止めなければ、いつまでも大人のニキビと縁を切る事ができません。そして体の内の大人ニキビの原因を取り除くお手当てと同時進行で肌の状態に合わせた、肌を正常な状態に整えて肌が本来持っている免疫力を引き出すスキンケアを行うことが大切です。美肌ネット Web相談は肌トラブルの原因・症状に応じてあなたの体質、肌質に最適な解消法をご指導します。お気軽にご相談下さい。

大人ニキビ解消無料WEB相談

アクセスマップ

皮膚科とニキビ